最近の記事
2012年01月05日

九州江崎田舎みそ12袋入

九州江崎田舎みそ12袋入
探していたのはこの味ではないですか
九州江崎田舎みそ12袋入
麦味噌・米味噌選べる850g×12袋入
美味しいからお取り寄せ急増中!九州の素材を活かした甘い味噌
お味噌 市場








「麦味噌」と「米味噌」の内訳を選択してから
買い物かごへ入れてください。
初期設定は「麦味噌12袋」です
江崎酢醸造元の田舎みそは良質の麦みそ麹や米みそ麹を使用し、素材を活かしながら育てた少し甘めの味噌です。九州独特のこの少し甘めのみその味は一度食べると忘れられない美味しさと、お取り寄せ急増中です。
麦味噌麹や米味噌麹が活きたままお届け致します。少し若い段階でお届けする場合もございます。お好みの味になりましたら冷蔵保存してください。
素材の甘さが特徴の味噌ですが、温かい所に置かれると醗酵が進み真っ黒になって味が変わってしまいますのでご注意下さい。なお真っ黒になっても品質には問題ございません。


posted by FOODチャンプ at 07:24 | 東京 ☀ | 仰天ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年05月06日

仰天ご当地グルメ

仰天ご当地グルメ
ところ変われば品変わる!仰天ご当地グルメ

 5月5日の知っとこ!

  今週コレ知っとこ!


ところ変われば品変わる!仰天ご当地グルメ

大好評のご当地グルメ企画!

これまで様々なご当地グルメを紹介してきましたが、
今回は、誰もが好きな定番グルメ!

「焼き鳥」「カレー」「餃子」が、ある地域では・・・仰天!意外な姿に大変身!!


ということで、ところ変われば品変わる!仰天・ご当地グルメのこと知っとこ!



まずやってきたのは、愛媛県今治市。

今治市は、あるグルメの全国NO.1なんです。それは・・・焼き鳥!

今治市は人口比で焼き鳥店の数が日本一多いんです!まさに、日本一の焼き鳥の町!
焼き鳥は普通串に刺して炭火で焼きますが、今治の焼き鳥は、炭でなく鉄板で焼くんです。

お邪魔したのは、今治焼き鳥四天王のひとつといわれる創業42年の老舗やきとり店『鳥林』。

塩こしょうで味付けをし、さらに上から重しを置いて焼きます。
表面は炭火では出ない“こんがりきつね色”。

今や、遠方から今治焼き鳥を求めてやってくる人もいてお店は日々満員。

今治流の食べ方!“焼き鳥を食べるなら、まず<皮>を頼むべし!”
皮部分だけでなく、少し身が付いている今治の皮。皮も串には刺さずに重しをのせて鉄板で焼きます。

皮から出る脂で外はカリッと中はジューシーなのが特徴。
鉄板が少し傾いているので、重しで押し出された余分な脂は自動的に流れていくようになっていて、凝縮された旨味だけが残るんです。脂が気になる女性も安心して食べることが出来ますね!


  どこにもないスタイルの「今治やきとり」。


その歯ごたえと香ばしさは、一度食べたらやみつきになりますよ!

●今治:焼き鳥 『鳥林』
住所:愛媛県今治市南大門町1−6−21

・かわ 250円
・鳥ネギ 250円



仰天ご当地グルメ!続いては、福岡県博多。


博多といえばラーメンですが、それ以外に、今全国的にも人気となりつつあるグルメがあったんです。

 『伽哩本舗(カリー本舗)』にお邪魔しました。

普通、カレーは煮込んだカレールーをご飯にかけますが・・・ところ変われば品変わる!

ごはんにルーをかけて、卵をのせて、チーズや肉をトッピング。

ここまでは普通のカレーですが、それを容器のままオーブンで焼くんです。

300℃で約4分間焼き上げると、「焼きカレー」の出来上がり!

30数年前、お母さんが家で残り物のカレーで作ってくれたのが始まり。
当時、一般家庭にはオーブンは少なかったのですが、お父さんが電気店を営んでいたため、他の家庭より早く家にオーブンがあり生まれたメニューなんだそうです。


「焼きカレー」の特許をとって、全国にアピール!今や北九州や、博多ではおなじみのメニューなんです。


焼きカレーは、焼くことにより水分と一緒に旨味も飛んでしまうので、よりコクのあるブイヨンを作らないといけません。

 地鶏のガラや仔牛のすねの骨などこだわった材料でダシをとり、たっぷりの野菜やマンゴーチャツネを煮込むこと7時間、特別な深みのあるブイヨンスープが完成。

それを元にスパイスを混ぜ作ったカレールーは、旨みがしっかり詰まっています。

焼きカレーは、最後まで冷めずにあっつあつで食べることが出来るのも特徴の一つです。

卵をつぶしていただけば、まろやかさとコクが増します。


●博多:焼きカレー 『伽哩本舗』
住所:福岡市博多区上川端町6−135

・昔のやきカレー 870円



続いてやってきたのは、静岡県浜松市。


静岡県では以前、知っとこ!で取り上げた「静岡おでん」や「富士宮のやきそば」も有名ですが・・・

今一番注目されているご当地グルメは、「ぎょうざ」なんです!

餃子好きが集まってつくった「浜松餃子学会」の山田さんが教えてくれました。

昨年の浜松市の調べで、浜松の1世帯あたりのぎょうざの平均年間消費金額が19,400円。
今まで日本一とされていた宇都宮市を4,710円上回りました!


 浜松は、今や日本一の餃子の町なんです!


餃子学会が作った餃子マップに掲載の餃子店は、なんと125店舗!その数も日本一と言われています。浜松餃子は彼らのPR活動もあり、今、全国的に注目されているんです。

そこで、ところ変われば品変わる!

昭和28年に屋台で創業して以来、当時の味を受け継いでいる老舗餃子店『石松』。

厨房をのぞいてみると、まず目に付いたのが、たーくさんのフライパン。
フライパンの形にそって並べ、水を加え、蒸し焼きにすること約7分。香ばしい香りがしてきました。

お皿をひっくり返してのせ、きれーいに円形揃った餃子の完成。

最後に、中央の空いたところにゆでもやしを添えます。それが浜松餃子。

普通、餃子は鉄板で焼かれ横に並べて盛られますが、丸い形が浜松餃子の特徴なんです。

もともと、設備の少ない屋台から始まったので鉄板でなくフライパンで焼いていました。

浜松餃子のもう一つの特徴は、肉中心でなく、野菜がたっぷり入っているところ。

あっさりしているので、何個でも食べられます。


また、『ミートップさわき』は精肉店なんですが、お持ち帰りの手作りの餃子が看板メニュー。


1日1000個も売れるときもあるんだとか。このように浜松は餃子テイクアウト専門のお店が多いんです。


生で買って帰り家庭で焼いて楽しむ、コレが浜松の一般家庭の日常なんです。

まさに生活に餃子がしみこんだ町です


●浜松:餃子
『石松』
住所:静岡県浜松市北区小松2192−2
電話:053−586−8522
営業時間:16:30〜21:00
・餃子(20ヶ) 1,050円

『ミートップさわき』
住所:静岡県浜松市中区泉町1−6−20
電話:053−476−8200
・生餃子(14ヶ) 367円



最後に、長崎県佐世保市のレモンステーキ。


レモンなの?ステーキなの?一体どんなグルメなんでしょう・・・ということでお邪魔したのが、

  レモンステーキ発祥のお店『レストラン門』


お肉は、最高級県産黒毛和牛のヒレ肉。ソースがしみこむように叩いて筋を切り、それを薄切りに。


あっつあつに熱した鉄板に、マーガリンをぬって、お肉をのせます。

ここに、レモンをたっぷり使った醤油ベースのソースをかけるんです。

さらに、食べる直前にフレッシュレモン汁をかけます。

直前にフレッシュレモン汁をかける事によってさらにあっさり感が増します。

先代が日本人に合うあっさりしたステーキをと考案されたこのメニュー。

今や佐世保の多くの店で出しています。

レアの状態で運ばれてくるので、肉の固さは自分の好みの状態で食べることが出来ます。


●佐世保:レモンステーキ
『れすとらん門』
住所:長崎県佐世保市本島町3−9 石飛ビル1F
電話:0956−23−5117
・門風レモンステーキの御定食 2,625円


ところ変われば品変わる!ご当地グルメ まだまだありそう。。。
posted by FOODチャンプ at 06:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仰天ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする